白髪 対策 食べ物

すっぽん小町 コラム

【白髪 対策】白髪に有効な食べ物であるアレを毎日食べ続けると…

 

近頃は、20〜30代の若い女性でも案外白い髪が混じっているのに悩まされる人が多いようです。

 

 

今の世の中、黒髪に混じる白い髪が気になったら染められる製品がワンサカ開発されていますが、一定間隔で染め続けると髪や頭皮のトラブルが気がかりです。

 

わずかに数本あるだけで、ずいぶん老けて見られる白い髪

 

 

そんな、白い髪をなくす方法にイチオシの食べ物があります。これを摂取すると、かつてのような黒髪が戻ってくるのも、決して夢ではないのかも?

 

白くなった髪に有用な食べ物とは?

 

髪が白くなる原因は加齢や遺伝、日頃のストレスなどいろいろあります。 でも、どんな原因であっても髪の色素自体が作られなくなる点においては一致しています。

 

髪の色素の問題については、食べ物や栄養素が大きくかかわっているようです。 では、若くて艶やかな黒髪を構成している栄養素って、いったい何でしょうか?

 

艶やかな黒髪を構成している栄養素というのは、すっぽんに含まれるアミノ酸の一種、チロシンという成分です。

 

 

→ すっぽん小町で白くなってしまった髪が劇的に少なくなった!その真相とは?ウソ?ホント?

 

 

また、白くなった髪を少なくする方法食べ物から摂り込む場合にはどんな食べ物が適し適しているのでしょう?

 

白くなってしまった髪を少なくする方法の食べ物として、次にあげる食べ物が良いとされています。

 

黒ゴマ 
牡蠣
昆布
ひじき
わかめ
海苔
チーズ
生姜
イワシ
サバ
ブルーベリー
アサイー
紫芋
なす        などなど…

 

 

黒髪には、メラニン色素の生成を促す食べ物が良いとされています! 私たちの髪の色は、毛根にあるメラノサイトという細胞でつくられるメラニン色素と深くかかわっています。

 

メラニン色素がたくさんある髪ほど黒い色が濃くなといわれています。白い髪はメラニン色素がまったく無い状態です。

 

 

メラニン色素の原料は、アミノ酸の一種である「チロシン」という成分です。

 

 

すっぽんには黒髪に必要なメラニン色素の素であるチロシンというアミノ酸が含まれているのですね。

 

また、わずかではありますが、毛髪の成分であるシスチンというアミノ酸もすっぽんに含まれています。

 

とはいっても、すっぽんを毎日食べるわけにはいきません。

 

そこで手軽なサプリの力を借りるのですが、サプリといっても【すっぽん小町】には、すっぽんが丸ごと入っているのです。

 

 

昔からすっぽんは滋養強壮や精力増強に効くとされてきました。何だかすっぽんは男性のための食べ物?というイメージがありますが。。

 

 

すっぽんはこのように白い髪をこれ以上増やさない食べ物としても一役買っているのですね。

 

 

まとめ

 

白い髪をこれ以上増やさない食べ物がすっぽんと知って、驚かれましたか?

 

髪が白くならないようにするために役立つ食べ物は、黒ゴマや牡蠣、海藻類、チーズなどいろいろありますが、メラニン色素の生成を促すチロシンというアミノ酸がたいへん重要であると言われています。

 

チロシンが含まれたすっぽんを毎日少しずつ食べることで、髪が白くならないように予防できるようです。

 

私の経験上すっぽん小町を飲み始める前までは、光沢さえ見せるとても元気で太い真っ白の髪が髪の毛の生え際にどんどん増えてきていました。

 

一度髪が白くなると、黒髪には戻らないと言われる方もいますが、私の場合は、太くて元気な白くなってしまった髪がすっぽん小町を続けることでだんだん元気がなくなり、グレーを帯びて弱々しくなっていきました。

 

白い髪が増えてきたという実感が何となく白いものが減ってきた、という実感に変わってきたのです。

 

 

 

ここへくるまで、5〜6か月から約1年かかっています。

 

個人差があるとは思いますが、髪が白くなって悩んでおられる方は一度すっぽん小町をお試しになってみてはいかがでしょう?

 

遺伝や加齢のため白くなったといって諦めないでください。

 

確実なメンテや健康的な日常生活から、程度の差こそあれど髪が白くなるのを遅らせたり、減少させたりすることが可能であるようです。

 

 

 

すっぽん小町は公式サイトの定期コースで2ヶ月に一度、2袋ずつの配達が最安値で購入できます。

 

 

それに、いつでも解約できますよ。 解約について、→ 詳しくはこちら!

 

 

 

 

私は今、すっぽんを毎日食べることでと申し上げましたが、実際すっぽん小町にはすっぽんが丸ごと入っているのです。

 

ので、すっぽんを毎日少しずつ、丸ごと食べることになんら変わりがないと思い、このような表現をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加